忍者ブログ

SEVENSPHERE

風の行くまま
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/21/02:08

メンテ

久しくさわってないですが。ラファンの話の解説を少し見やすくしておきました。全体的には読みにくいけどー。「アスラディアの王家の人」はセリフだけなのでどれがだれの発言かごちゃごちゃ。
ここに出てくる3人は、ご存じの軍人でフィルエント家のアステル公女 と 母親がフィルエント家出身のバレリア姫(バレリー) と ウェストール家の跡とり姫アウレリア公女(オーレリー) です。系図見ながらでないと話が分かりません!アステルとバレリーは年の近いいとこで気の置けない友人です。オーレリーとアステルは、ラファンの祖王の代に分かれた4大公家の姫で、オーレリーは祖王の直系公女になります。
勝手に作った系図の設定でいろいろ話をつくってますが、途中で出てくるロンディールとレーナはどちらもクロフトン姓で、バレリーと同じくフィルエント家の縁戚になります。ロンディールがアステルとバレリーのちょっと年上のはとこで、レーナはロンディールの兄の娘(なので姪)です。ロンディールは王家の血縁といっても地方貴族の三男なので、「ちょっとお前あそこ行って来い」的な仕事をやってるうちにフラフラ情報収集みたいな視察やるようになってしまった…ような?リュシノン公(アステルの祖父)とかとは情報交換しつつ、独自に王国の為に働いています。あんまり周囲には理解されてないけど。
魔法使いの旅 も進んでないけど、こういう系図を考えると、そこから勝手な話ができるのでおもしろいです。レイジー女伯のくだりなんかは完全に系図作ってる時に出てきてるし(3バカにも魔法使い…にも関係ないのに)。でもそれのおかげで、ラファンには直系の後継がルギスとカリューしかいないってことになってるんだけどね…。あまりの少なさに自分でびっくりしました。
そして、名前のあまりの統一性のなさには、後から見ると「ファンタジーだ!これはファンタジーの話なんだ~!」と言い聞かせるしかありません。名前はすべて思いつきでできています…。3ばかの世界だもんね♪
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
 count+ +